×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性が転職するための社会環境の変化

女性の転職が一般的になってきたのは、最近のことです。女性が転職するということは、昔ではあまり考えられないことでした。昔は、女性が外で働くというのは、基本的に結婚するまでの「腰掛け」と考えられていたからです。要するに、「男は外で働き、女は家を守る」という考え方が日本では一般的だったわけですね。女性は家を守らなければならなかったため、仕事をするにしても、内職が一般的でした。その女性が、一度勤めた会社を辞めて、さらに他の会社に転職してまでして外で働くというのは、男も女も、労働力として差がなくなってきたきたことの証明といえるでしょう。さらにいえば、女性が転職するようになったとはいっても、その年齢は27歳くらいまでで、30代に入るとほとんど現実的ではありませんでしたが、最近ではそれも、男性との差がなくなってきています。要するに、三十路をすぎてからでも転職する女性、また、受け入れる企業が増えてきたということです。

30代以降の女性の転職事情

とはいっても、さすがに、30代に入ってからの女性の転職はさすがにキャリアなしには現在でも難しいといえるでしょう。では、30代以降の女性の転職について、もう少し今の事情を探ってみることにしましょう。女性がひとつの会社で勤務を続けたいという意思は、男性のそれに反して実は昔よりも高まっているといわれています。したがって15年以上にわたって勤務する女性の割合は高くなっている傾向があります。そのため20代で転職しなかったのが、30代以降になってから転職を考えるというものです。これには、昔からの古い考え方が今でも残っているために転職時期を逃してしまうこともあります。20代のうちはちやほやされていても、30代を過ぎたら手のひらを返したように「お局」扱いをされてしまうということが、今でも少なくないからです。社会の意識の変化は、時代の流れとして仕方のないことです。転職を考えている女性は、できるだけ早く計画的に行動し、納得のいく転職活動をして、自分にとって人生を充実できるフィールドを探すことをおすすめします。

女性の転職市場はかつて無い好環境へ

日本の労働人口の減少と共に、女性の転職市場は活性化していますので、女性が転職するにはいままでには無いチャンスの時代に入ってきています。チャンスとはいっても、30代を過ぎてさらに年齢が高くなればなるほど、よほどのキャリアやスキルが無ければ、自分が希望する企業への転職は、男性でも難しくなってきます。まして女性ならもっと難しくなるでしょう。これから転職を考える上で理想的なのは、女性向けの転職セミナーに出席して情報を得たり、人材コンサルタントにを有効に活用するなどして、自分の持っているキャリアや資格、スキルなどを整理する方法を教えてもらったり、面接時のスーツなどの服装も含めた対処方法なども相談しておくと安心です。自分ひとりで悩むより、セミナーや、人材コンサルタント、キャリアカウンセラーと呼ばれる転職指導のプロに相談すれば、もっと難しい状況、例えば、子育てをしながら転職するにはどうしたらよいかなどもアドバイスを受けられるでしょう。

Copyright © 2008 女の転職事情